FC2ブログ

5月3日は癒しの音に触れてきました。

すっかり出遅れてしまいましたが、

5月3日は「癒しの音」というワークショップに参加してきました。


お友達のリアンノンさんが、いつも素敵な音で癒してくれるタオライアーの生みの親であるレーマンさんと、

二宮さんが青森に来てくれて、色んなことを教えてくださいました。


私は会場になった国際交流ハウスも初めてでした。

青森らしい自然を贅沢に感じられる空間でした。


DSC_0142_convert_20130505112755.jpg
これは色んなライアーです。

私はタオしか知らなかったけれど、他にも種類あるって聞いていました。

タリタ、リラム、ティラル、ソルフェジオ・・・どれも凄く心地良く響きます。

体にどんどん、響いていきます。


綺麗な音だと思っていたけど、初めて歌ってるなって思いました。

楽器だけど、ちゃんと歌ってます。

天使がいたらこんな声なのかもしれないです。



木でできた楽器たちや、メタルでできた楽器たちで沢山の人達と一緒に音と遊ぶっていうのは思いがけない音が重なっていくものですね。

同じ演奏にはならないんですね。

メタルのず~っと響いている感じが気持ちよかったです。

あいにく雨がぱらぱらきてたので、水の癒しは体験できなかったけど、木の癒しは体験できました。

DSC_0141_convert_20130505112916.jpg
この木がモデルさん。

古くなった樹皮や蔦が絡んでるので苦しくなっているんですって、この幾重にも重なった角質のような樹皮をはがして

つるんとさせてあげると木が気持ちよさそうです。

やっぱり生きているものはお手入れしないといけないんですね。


不思議だったのは、お手入れの後にシンバルを鳴らしながら木を囲んで声をだしていたら風が吹いてきました。

これって木からのメッセージだったのでしょうね。


近頃ずっと偏頭痛で元気でなかったけど、なんか楽になれた気がします。

ということで、今度は来週の「スズランの日」の準備頑張ります。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)