FC2ブログ

これからどうすっかな。

こんちわ。

今日も鉛色の空の青森から発信中です。



珍しく、いろいろ考えこんでました。

私は何になりたいんだろう?何がしたいんだろう?


で、順を追って思い返してみます。

一番古い記憶では・・・・・ちっちゃい時は漫画家になりたかった。

外に出ず(ちょっと事情があって、あまり人と遊べなかったのです)

家にこもっていた私は、本を読むか絵を描いているか、人形遊び。

そう、しゃべらないのです。

じっと何度でもおんなじ本を読んでました。

苦ではなかった、好きな本を何度でも読むのは今も癖として残っています。

本は漫画も小説もなんでも読んでましたね。


絵もなんでも描いたけど、小学生の時は「アラレちゃん」が好きで、漫画本を見ながら模写してました。

しっかりと絵の具で色まで塗って。


私に才能があったとしたら、たぶん小学生時代がものすごくあふれてたと思う。

運動の才能はなかったけど、勉強と芸術的な才能はあったと思うな。

このときになんかのかたちでスカウトされたかったよ・・・・。



中学の頃は地味にすごし、高校で、友人を似顔絵にするという楽しみを覚えました。


このころに、絵とかデザインとか、なんか普通の会社員じゃない仕事がしたい。

って思ってたと思う。


具体的にどんな分野でどんな仕事があるか、考え付かなくて調べるすべもなかったので、のんびりやの私は

「そう思ってた」だけなんだけど。




結局、会社員になったけど、何度かの転職で、前回は資格なくてもマッサージの仕事ができるっていうのに

飛びついたわけだけど、大変だった~。

今だから言えるけど、修行っていうのとも違うな、仕事以外の精神的鍛錬が用意されていたのだよ。


思いのほか長い間務めることになり、失ったものも、得たものも両方あるけどね。


資格があるわけではないので、開業するというわけにもいかないし、もともとマッサージで開業する気がなかっ

たのでこの経験と技術は趣味的な感じで蓄積されていくんだろうな。



あ、揉んでほしい人いたら呼んでください、伺いますよ!!


せっかく覚えたのだから(血の滲むような努力を本当にしたので絶対忘れないもん)

何か役に立つといいんだけどな。



来月からはまた別な仕事につきます。


それとは別にアクセサリーのお仕事はライフワークなので続けます。

それ一本でやっていくのは厳しいけれど、忙しくても、眠れなくてもダブルかトリプルワークになってても、

こういうやり方でずっと自分の道を探し続けるのかもしれないって思って・・・・考えてたんです。


いったいいつ道が定まるのか・・・・けっして若くはないんだけど、寄り道上等で進んでいくのが私なのかも。



それでも、前職のときより周りに助けてくれる人が現れる気がするな、最近。


こうやって感慨深いって雰囲気で記事を書いてるけど、実はホームページのレイアウトで煮詰まってるから現実逃避しているっていう・・・・


いや、頑張ります!




スポンサーサイト



Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)